所沢クリドラタウン 活動報告

 独立行政法人 国立青少年教育振興機構 平成30年度子どもゆめ基金助成活動〈楽しさ発見! みんなあつまれ クリドラタウン〉
 
アーカイブ
モバイル
qrcode
 
第21回 12月6日 (木)

参加者19人

 

1.カウントアップテン
車座になり、1から順にかぶらないように10まで数えあげる。
2組に分かれて挑戦。

 

2.手つなぎ誘導
・2人組になり、両手をつなぎ輪を作る。
・片方が目を閉じもう片方が誘導しながら動き回る。
・ゆっくり、しゃべらずに、足音も立てずに。

 

3.暗闇で音探し
部屋の奥に集合。学年ごとに6組に分ける。反対側に違う音の出るものを持ったスタッフが2人が立つ。
暗闇の中で、その音を頼りに移動してスタッフのもとに行く。
・2組同時に移動するので、自分が目指すべき音を確認する。
・部屋を真っ暗にしてからスタッフは横移動して位置を変える。1・2年が出発。
・ある程度時間がたったら、まだ着いていないこどもたちに声を出してもらう。
・まだの子がいたら引き続き音を出す。
・全員集まったら、扉を開けて薄明かりで確認。そして外に出る。
・同様に3・4組目、5・6組目を行う。

 

4.暗闇サークル
リーダーが部屋の中心に立ち、暗闇の中でその周りにまるく集まるように指示。
ランタンを消す。最初に高学年、次に低学年に移動してもらう。
リーダーも参加者も声を出しながら円を形作っていく。
明かりをつけてどこまでまるく集まれているのか確認。

 

5.光と影の探索
LEDランプや懐中電灯などの光を出す器具。透明素材(プラスチックパッケージ、プチプチ、ペットボトルなど)。色セロハン。透明バットに水を張り、保水ジェルボールを入れたものを下から照らす透過台。などを用意。
2〜4人のグループに分かれ、光らせたり、照らしたり、透過させたり、壁に投影させたり… どんな表現ができるか、何が面白いのか研究する。
最後にそれぞれ発表。

※クリックで拡大

※クリックで拡大

 

<子どもの感想>
〇くらくてたのしい、きれいだった。
〇くらやみがすっごい楽しかったです。またやりたいです。
〇つかれた。くらやみこわかった、でもたのしかった。
〇くらやみの中で光る明かりがきれいだった。
〇ライトでてらすのがきれいだった。
〇さいごのがむずかしかった。

 

<スタッフから>
希望の多かった「暗闇」での活動を導入に、以前やった「光の塔」や「深海の生き物」でやりきれなかった光と影の探求に挑戦してみました。


○暗闇での活動
暗闇の中では距離感が全然違って、音の鳴っていところまでなかかな近づけなかったり、まるく集まる時は灯りをつけたら思ったより近くにいたり、日常と違う感覚が味わえました。
○光と影の探索
部屋の中心に三脚を立ててシンボルタワーにし、少し離して水を貼ったバットの池を設置しました。
低学年はほとんどの子が池の周りで水やその中に漂うジェルボールを触ったり、船をつくってかわるがわる浮かべたり、下からライトを当てたりしていました。
高学年は協力して、塔を作ったり、噴水やクリスマスオブジェの作製、壁に投影して美しい型の探求などを行っていました。
光の塔は1人の低学年の子の、プチプチを切らずに丸ごと使うという、大胆なアプローチをスタッフがサポートしながら、完成させました。
光というよりは水に強く引き付けられた低学年、バラエティに富んだアプローチで造形や投影を楽しんだ高学年。
普段なかなか身を置くことのない暗闇で、表現を探求し広げることができました。

※クリックで拡大

第20回 12月1日 (土)

参加者15人

 

1.指差し回し
円になってリーダーが誰かを指差す。さされた人自分を指差して「私」と言い、誰かを指差して「あなた」という。そしてその人の所に向かって歩き出す。さされた人は同様にする。
リズミカルに次々と入れ替わる。同時に2組で行う。集中して場の空気を真剣モードに変えよう。

 

2.フラフープ・ランディング
5人組になる。輪になって右手の人差し指を前に差し出す。
親指側の第一関節を上に向け、その上に小さめのフラフープを載せる。
5人で協力して、フラフープを平行に保ち落ちないように、ゆっくり下げていき、着地させる。
組を変えてもう一度行う。

 

3.シーンを作る
全員の順番を決め、最初の2人で何か意味のある動きを考えてポーズをとる。
他の人はそこがどこで何をしているか考え、順番に出て行って、その場にふさわしいと思うポーズをとる。
その場面から動いて、続きを演じてみる。

 

<子どもの感想>

・たのしくできてよかった。よくできた。
・えんぎがおもしろかった。フラフープがなぜ上に上がるのかおもしろかった。
・しゅうちゅうがつづかん。むずかしい!
・1本を動かした。
・さいごとさいしょがたのしかった。
・いくらちゃんがきてくれて嬉しかったです。最後の演劇が楽しかった。
・(フラフープの絵)

 

<スタッフから>
アートインライフのイチローさんがゲスト講師。
短い時間でも集中して活動することの重要性。
意図はしなくてもそこにいるだけで意味が生まれること。少しのポーズで感情が表現されること。自分の想像力を信じることなど。
お芝居の基本=表現が生まれていくことが体感される活動になりました。

 

○フラフープ・ランディング
集中しないとすぐに落ちたり、なぜかどんどん上にあがっていったり、誰かの方に寄っていったりします。
リーダーの「相手を変えるのではなく自分の方をを変えるとうまくいくよ」のアドバイスや、他の組のするのをよく観察し、何が足りないか考えだんだん上手く、早くできるようになりました。

○シーンを作る
最初の2人は「腕をさしだす人とそれをを掴んで押さえている人」。注射をしている様子が想像されました。他の子たちは、心配そうに待つ人、本を読んだりゲームをして暇をつぶす人、薬をもらうために並んでいる人など病院でのシーンができあがりました。たまたま松葉杖の子も2人いて、より雰囲気がアップしました。

第19回 11月24日(土)

参加者20人

 

1.立つ・ジャンケン
・講師の拍子木に合わせて素早く立つ・座る。
・講師とジャンケン。後だしで、あいこの拳を出す。勝つ拳を出す。負ける拳を出す。

こむぎちゃん

 

2.ジャンケンオニゴッコ 電車ジャンケン
・ジャンケンをして、勝っている人が負けている人を追いかける。復活あり。
・3人組でつながってのジャンケンオニゴッコ。

 

3.身体で作る形
・2人組でつくる「まる」「ばつ」
・3人組でつくる「やきそば」
・2人組でつくる「イスとツクエ」(相談なしで)
・4人組で話し合い。「食べたいのは焼き肉かすしか?」

 

4.紙芝居「ぞうのはなはなぜながい?」
専門学校生6人による紙芝居と芝居を合体させた演劇。
おとうさんゾウと子ゾウとワニ。他にキリン、メロン、ヒヒ、ゴリラなどが登場。

マシュー、たいせい、ゆき、かっちゃん、ひろし、るな

 

5.いろいろな動物になってみよう
・ゴリラ どんな動きをするのかな。
・イヌと飼い主 イヌは飼い主の言うことを効かない。
・ゴリラと飼育員 どんなやり取りをするのかな。

 

<子どもの感想>

・今日の活動は、声優の人たちがきてたのしかったです。
・物になり切ったり紙しばいを見たりしてよかったです。
・今日は、とても楽しかったです。とくにかみしばいと、最後のいぬと飼い主というのが楽しかったです。
・今日は、いつもの活動よりとてもたのしかったです。また来てほしいです。るなさんと仲良くなりました!(おそ松仲間!!)
・くつひもをほどくのとヒロシがおもしろかった。
・くつひもとわにすき。

 

<スタッフから>
東京ダンス&アクターズ専門学校(声優コース)の学生・卒業生と講師の大久保ちかさん(こむぎちゃん)がゲスト講師。
演技も取り入れた紙芝居の発表を含め、いろいろな表現活動をしていただきました。
子供たちはいつもと違う若いお兄さん、お姉さんがたくさん来てくれたことでテンション上がりながら、楽しく活動できました。
○紙芝居
子どもたちは学生たちの動き(ゴリラやキリンのダンスなど)に惹きつけられていました。
○いろいろな動物になってみよう
「走り出すイヌと追う飼い主」逆に「動かないイヌに困る飼い主」「イヌと一緒に寝る飼い主」「バナナを食べるゴリラ」などおもしろい関係性を表現していました。

第18回 11月17日(土)

参加者 10人

 

1.拍手リズム
・講師の出すタイミングに合わせて拍手する。
・「1、2、3、4」と4拍子を数えて、次の1拍目を拍手する(片足も1歩前へ 長さは自由)。
・「3、4」は言葉に出さずに、次の1拍目を拍手する。

 

2.楽器でオニゴッコ
・ギロを鳴らしている間だけ動けるでオニゴッコ。
・スティックで叩いている間だけ動けるでオニゴッコ。
・トライアングルを鳴らしている間だけ動けるでオニゴッコ。長く響かせる時はスローモションで動く。

 

3.音に動きをつける
・ギロの「ジャッ」、スティックルの「タカタカタカ…」、トライアングルの「チーン」の音にぴったりな動きをそれぞれ考えて動いてみる。

 

4.曲に合わせて動きをつける
ルロイ・アンダーソン作曲の「タイプライター」を聞く。 (実際にタイプライターを楽器として使っている)。
しっかり聴き込み、曲の三種の音(「タカタカタカ…」、「チーン」、「シャッ」)に合わせて身体を動かす。
4〜5人のチームにわかれてそれぞれ独自の動きを考える。発表。

 

<スタッフから>
今回はリズムの活動。アートインライフからりょうちんをお呼びしました。
音楽会や学校公開などで参加者は少なかったのですが、みんなリズムに乗って楽しく、そして集中して活動できました。

「ペンギンを襲うシロクマと氷山」と言ったストーリー仕立ての表現が出てきたり、みんな自由な発想で取り組めました。
いままでなかなか活動に乗れない子も一緒に参加できたり、ふわふわしてあまり集中しなかった子がとても真剣に表現していたり、とても良い活動が展開できました。

第17回 11月1日(木)

参加者 21人

 

1.ハンカチ落とし
中国版、「去手絹(リョーショーチャー)」を改めてちゃんとやってみる。

 

2.わらべうた「いも人参」
「♪(1)いも(2)人参(3)山椒(4)しそ(5)ごぼう(6)麦(7)なす(8)はす(9)くり(10)とうなす」
・袋の中に入っているものを当てながら、歌に合わせて植物の名前を唱えていく。
・歌いながら、片手で(もしくは両手で交互に)数を出していく。
・クリドラ・バージョンを、子どもたちと一緒に考えてみる。
(1)いちご(2)にら(3)さーやん(4)ししとう(5)ゴリラ(6)無理(7)納豆(8)八百屋(9)クリドラ(10)とうがらし

 

3.ジェスチャーゲーム
グループに分かれ順番を決める。・各グループから一人ずつ中央に出てきて、リーダーからのお題を聞いた後、一斉に自分のグループに戻って、グルーブの仲間にジェスチャーで表現する。当ててもらえたら、中央に行き、置いてあるスリッパで床をたたく。早かったグループの勝ち。
お題は「ボクシング」「サッカー」「バドミントン」「竹馬」など

 

4.うえへまいりまぁす
絵本の読み聞かせ。 『うえへまいりまぁす』 作・絵 長谷川義史
(いろんなものが売っている、奇妙なデパートのエレベーターに乗って、奇想天外な買い物をする話)
・チームに分かれて、、「何階か?」 「何売り場か?(商品名)」 「商品の特徴(思わず買いたくなってしまうな、セールスポイント)」を考え、紹介をする。

 

 

Aチーム 359階「安いもの&高いもの 売り場」
同じものでも、マイナス10円と5000円だったりと、安かったり高かったりする。7000円のうまい棒。ポイントでプレゼントがもらえてお得。
Bチーム 地下13階「もぐらの手 売り場」
周りがうるさいので、静かにひとりになれる場所を探していたら、突然、もぐらのもぐたんが登場。エレベーターで地下に連れていかれ、もぐらの手を買うと部屋が掘れる。

 

 

Cチーム 666階「魔法グッズ 売り場」
透明になれるマント、魔法のほうき、魔法のつえなど。

Dチーム 地下365階「米作り体験 売り場」
1000円で米作り体験ができ、2日に1回通うと、1ヶ月で米ができ、1週間分もらえる。残りは売ってお金にすることもできる。

Eチーム 44階「危険物 売り場」
バズーカ、爆弾、銃などを売っている。パスワードを入れ、知る人ぞ知る店。


<子どもの感想>
・いろいろ考えるのが、たのしかった。
・かぞえうたを考えるのが、おもしろかった。
・今日は、ハンカチ落としもジェスチャーも、まいりますも、ぜんぶたのしかったです。とくに、うえへまいります、考えるのが楽しかった。
・途中で来たから、ジェスチャーゲーム少ししかできなかったけど、結構楽しかったです。『うえでまいります』めっちゃウケました。「もぐらのもぐたん」面白い。
・今日はもぐたん役になりきりました。地下13階なのに、その前の人たちが「マイナス10円」とか言ってたから、「マイナス13階」って言っちゃいましたー。

 

<スタッフから>
・10月に引き続き、「ハンカチ落とし(中国版)」を行いました。中国語の歌の一節を覚えている子もいて、動きのスピード感も格段に増して、かなり盛り上がりました。
・わらべうた「いも人参」では、子どもたちからたくさんの声があがり、ユニークなオリジナルバージョンも誕生しました。
・「ジェスチャーゲーム」では、お題をなるべく早く当てられるよう、お互いに集中して取り組む様子が見られました。
・絵本からの創作では、それぞれの発想が飛び出し、各グループの発表も興味深くみていました。

第16回 10月27日(土)

参加者 15人

 

1.ウォーミングアップ
寝そべって、身体の色んな部分に順に力を入れたり抜いたりする。

 

2.スイッチで動く
じっと立っているリーダーの身体の部分を人差し指で押すと、その場所だけ少し動かす
子どもたちが順に押していくとどんどんポーズが変わっていく。
4人組になって、ひとりが立っている役、他の人が押す役で同様にする。

 

3.ボディペン
指定された身体の一部を筆に見立てて空間に図形や線を描く。
「指先で丸」「つま先で四角」「肘で星」など。
2人組になり、指示する人と動かす人になって空間に図形や線を描く。

 

4.ボディペン2
ホワイトボードに描いた一筆書きの線を身体の部分を使って空間再現する。
リーダー以外に子どもの描いた線も使う。

 

5.身体で現代アートを描く
現代アートの作品を見て、画家になったつもりで空間に描く。
5人のグループにわかれ、指定された作品を全員で分担して描く。
みんなの前で順に発表する。
最初は動きを見る。次に作品を見る。もう一度動きを見て、どこを描いているのかを確認する。


 
<子どもの感想>
 ・たのしかった。こんなに笑ったの、初めてかも?    
 ・たのしかったです。    またやりたい。
 ・身体を使いすぎて、つかれました、、、。でも楽しかったかも!?        
・体で形を表現するには、体がやわらかくないとだね!        
・○○ちゃんが、すごくがんばってたと思う。最後倒れたし、、、。        
・今日、バトミントンあったけど、クリドラに来てよかった!            
・おもしろいかきかたがいっぱいあった。        

 

<スタッフから>
 アートインライフからりょうちんをお呼びしての身体表現活動です。
身体全体を動かすことをやりながら、だんだんイメージを身体表現していく流れ。最後の「身体で現代アートを描く」ではパフォーマンスアートとして見ごたえを感じるレベルでした。(特に高学年)。

全体にのりが少し悪いかもと感じた局面もあったりしたのですが、感想を見ると予想外にとても面白かったようです。

第15回 10月18日(木)

参加者 25人

1.「ネコとネズミ」

ネコチームとネズミチームに分かれ、リーダーが「ねこ!」と言ったらネコがネズミを追いかけ、「ねずみ!」と言ったらネズミがネコを追いかける。

安全地帯についたら捕まらない。 

2.言葉回し
・丸くなって座り、物を渡しながら言葉を回す。
 例「これはふでばこです」 「これはケーキではなくローソクです」など
・物を使わず(エア)で言葉を回す。(大きさやもち方にも注意する)
 例「これはたまごです」 「これはおまんじゅうです」 「これは雑巾です」など

 

3.からだで場面を作る
グループで指定された場面をからだで作る
 ・満員電車 ・運動会 ・ファミレス ・国語の時間


4a.言葉から場面を作る [低学年1〜4年]
. 動詞クイズ

「何をしているのでしょう?」
 スタッフがしている動作がどんな動詞かあてる。
 ・掘る ・探す ・見つける ・喜ぶ


. 「運ぶ」場面を作る

グループにわかれる。どういう場面がいいか話し合ってその動きを作る。

グループ1 化石を発掘している人たちがティラノサウルスの糞の化石を発見! 宅配便で大事に博物館に運んでもらう。

グループ2  大地震が来て人が倒れ、塀が倒れた! 倒れた塀を運び、けが人を病院へ運ぶ。

 

4b.言葉から場面を作る [高学年5・6年]
. 「何と言っているでしょう?」
 スタッフ1、2名が場面を作り、何と言っているか当てる
 ・「は!」見つけた! ・「うーん」 ・「あ!」UFOだ!


. 丸くなり一人ひとりいろいろな「あ!」を言う

 

「あ!」の場面を作る
グループにわかれる。どういう場面がいいか話し合ってその動きを作る。


グループ1 音痴な人が「あ〜♪」と絶叫。聞いている人は耳をふさいで「アー」と身もだえ。

グループ2 歩いている人がバナナの皮で滑って転んだ!そこへ車が来てブレーキを踏んだらハンドルが取れた!「あー!!」

グループ3 二人の男が言い争っている。突然一人の男が相手の髪の毛を引き抜いた!怒ったもう一人の男とその仲間はその男を撃ち殺す。「アぁ〜!!」


5.発表
低高それぞれ発表。

 

<子どもの感想>

・今日は「ことば」をやりました。楽しかったでござる、、、

・いろいろな言葉は、おもしろい。

・○○君がショットガンで撃った。

・なんということでしょう。交通事故ではありませんか。

・伝言ゲームたのしかった。

・いろいろな格好をしてたのしかった。

 

<スタッフから>

短い言葉から場面を想像して創る遊びをしました。

低学年には「あ」だけでは難しいかと思い、少し具体的な「運ぶ」にしました。

それぞれとても楽しい場面が展開しました。

子どもたちの感想を見ると、危ないこと、ちょっとヤバいことなど普段できないことを表現して試していることがわかります。

第14回 10月13日(土)

参加者16名

 

ダンス活動

mimori  なぎさん

 

 1.空間把握

けんけんで移動。

手拍子が止まったらその場に寝る。

 

2.ストレッチ

音楽をかけて心地よく体を伸ばしていく

 

3.集中

円になって手を繋ぎ、隣に合図を送る。

 

4.ミラーリング

 ペアになり、目を合わせて動く。

 

5.オブジェ

⑴人にどこかが触れた状態でポーズをとる。

⑵3人組になり、ABCの順番を決め、離れてはくっつき、オブジェの形をどんどん変えていく。


 

6.音楽に合わせて動く

整理運動を兼ねて音楽に合わせて動く。

 

<スタッフから>

ダンスの振り付けなどをしている三森なぎさ(なぎ)さんと活動しました。

広いホールで体を徐々に伸ばしていき、音楽を聴きながらオブジェを作って体を動かしました。

激しく動くダンスではないけれど、ほど良い緊張感とポーズを保つため筋肉をたくさん使いました。

 

第13回 10月4日(木)

参加者 24名

 

異文化交流・異文化体験(中国のことを知る)

1. あなさんの紹介
・どこの国の人?
・中国について(国土の広さ、人口の多さ、民族の多さ、学校生活など)

あなさん

 

2. ジャンケン(中国式)
・グー:石(シートン)
・チョキ:はさみ(ジェンツー)
・パー:布(プー)

 

3. ハンカチ落とし(中国式)
「去手絹(リョーショーチャー)」
・漢字から、あそびを想像する
・去:「無くなる」という意味があり、次の言葉につながると「落とす」という意味も持つ

 

4. 休憩(おやつタイム)
・大学いも(長いも)
(あなさんが子どもの時に好きだったおやつの試食)

 

5. 絵本の読み聞かせ
・中国では誰でも知っているお話と、あなさんが子どもの頃、好きだったアニメーション、計2冊を、絵本を見ながら中国語できく。
・絵からストーリーを想像する。

 

6. フリートーク(質問コーナーなど)


<スタッフより>

・在日19年目の吉田阿奈さん(中国・吉林省出身)を講師にお迎えしての活動でした。
・「どこの国で生まれ育った人か?」のクイズ(5択)では、「アメリカ」「パキスタン」を選んだ子どもが多く、「中国」と答えた子どもは、1人しかいませんでした。
・中国式のジャンケンやハンカチ落としで遊びながら、子どもたちは、次第に阿奈さんとも打ち解けて行きました。
・おやつの大学いもは大人気。速攻で売り切れ!中国語での「ありがとう」や「おいしかった」を教わり、あなさんに伝えました。
・中国語での絵本も、集中して聞き入り、最後の質問コーナーでは、積極的に質問が出ていました。

 

第12回 9月29日(土)

参加者 17人

 

1.カウントアップ
人数確認。
「1」から順に「2」「3」「4」といいながら手を挙げていく。同時に同じ数字を言ってしまったら、最初から数え直し。

 

2.おまめさんおなべさん
二つのチームに分かれお鍋グループとお豆グループになる。
お鍋グループは手をつなぎ輪になる。
豆達はお鍋の中に入り、何とか鍋の外に出ようとする。
外に出た豆は中の豆を助け出す。

 

3.ことば探し
1文字から10文字までそれぞれの長さの言葉を探す。
ホワイトボードに書き出す。

 

4.ことばのリズム探し
グループに分かれ、書きだした言葉の中から同じリズムをもつ言葉を探す。
サンプルは
.ートロ
▲織錙
スキップ
ぅ院璽
イすし
Δ気い燭

※子どもたちが探した言葉

 

5.リズム替え歌
どんぐりころころの歌詞の同じリズムに当たる部分を別の同じリズムの言葉に言葉置き換えて歌ってみる。

※どんぐりころころの歌詞

 

<子どもの感想>
・楽しかった。(多数)
・ことば探しがおもしろい。    
・楽しかった。,離螢坤爐鬚未い謄押璽爐發任ると思った。
・今日は、少し頭をつかった。おもしろかった。
・最後のリズムで、どんぐりの歌がおもしろかったです。 

   

<スタッフから>
○ことば探し

9文字では「とうだいもとくらし」。10文字では「ヘラクレスオオカブト」や「あめふってじかたまる」など様々な言葉が出てきました。クイズのようにとても頭を使って様々な言葉を探しました。

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.