所沢クリドラタウン 活動報告

 独立行政法人 国立青少年教育振興機構 平成29年度子どもゆめ基金助成活動〈楽しさ発見! みんなあつまれ クリドラタウン〉
 
アーカイブ
モバイル
qrcode
 
第33回 3月9日(土)
 参加者 14人

「It's a クリ・ド・ワールド〜謎のジンジャ―ランド〜」

1.クリ・ド・ランドの生活
クリ・ド・ワールドという世界にある、クリ・ド・ランドの住人は子どもだけ。
その国にはお金がなく、みな働き、物やサービスを交換して暮らしている…
それぞれ仕事をしたり、お客になったりしてみる。
クリドランド 街の様子
上:遊園地、農家  下:ラーメン屋、防衛長官、すし屋

2.王様の発明
発明好きの王様と研究所員が街の人に役立つ発明を研究。国民を招集し、それぞれの店等に役に立つ発明品を発表する。それを喜ぶ国民たち。

3.先生の講義
城の王様付きの先生から、クリ・ド・ランドのエネルギーシステムの勉強会。
この国には3種類エネルギーボールの入ったエネルギーBOXがある。
そのパワーが王様の王冠の宝石に集まり、クリ・ド・ランドを明るく照らしている。
もし、エネルギーがなくなると、王冠は輝きを失いクリ・ド・ランドは闇に閉ざされてしまう。
エネルギーシステムの講義
王様が「王冠が光っていない!」と気がつく。調べるとエネルギーボールも無くなっている。

4.怪盗Xの挑戦状
クリ・ド・ランドが薄暗くなっていく中、ポストマンがやってきて手紙を差し出す。
それはクリ・ド・ワールドを騒がせている怪盗Xからの手紙。
「盗んだエネルギーボールを返してほしければ私の出す謎を解け」と書いてあった。

怪盗Xの挑戦を受けることにした住人たちは謎解きと冒険の旅へ出る。
ジンジャ―ランドに住む森神の末裔や不思議な生き物たちと出会いながら、数々のミッションをクリアしていく。
怪盗Xの挑戦状
そしてついにたエネルギーボールを取り返すが、すでに街は真っ暗闇になっている。
明かりを取り戻すには怪盗Xに隠されたエネルギーBOXを暗闇の中で探し出しエネルギーボールを戻さなければならない。
はたして、みんなはクリ・ド・ランドに光を取り戻すことができるのか……

スタッフから
今年度最後の活動です。
午前中はクリ・ド・ランドに必要な店や道具、衣装を完成させました。
昼食後「It's a クリ・ド・ワールド」の開始しました。

12月から高学年会議を重ね、高学年が企画をし、大人と話しながら実現へ向かいました。
準備の活動も何度も行い、皆でクリ・ド・ワールドを築いていきました。その結果今年の集大成の活動になりました。

ジンジャ―ランドは、近所の神社です。そこにいる謎の生き物たちは以前の活動で子どもたちが想像して作ったものです。自分たちで作った生き物がドラマ活動に現れるのも楽しめたようです。

ドラマラストの暗闇活動は、本当のまっ暗闇でした。声を掛け合いながら、自分と相手の存在を確認。歩くだけでも大変な中でのBOX探しは難航しましたが何とかやり遂げました。


今年度参加した子どもたちの保護者のみなさんへ
大変お世話になりました。是非ご意見ご要望をお聞かせください。
また来年度お会いできるのを楽しみにしています。
第32回 3月2日(土)
参加者 10人

1.世界(クリドワールド)を想像する
クリ・ド・ランドのある世界はどのような形をしている?国の形は、周りの国は?

2.店・仕事の準備(工作)
前回の続きで、クリドランドでする店や仕事に必要な道具や商品、衣装を作る。

3.クリ・ド・ランドの生活を楽しむ
みんながそれぞれの仕事をしたり、お客になったりしてみる。
王様の元に集まり全員で順番に街の施設体験していく。
最後に長官の所に「怪盗Xが世間を騒がしている」という情報が入る。

<スタッフから>
クリドワールド
クリ・ド・ランドは栗の形をしている。とがった部分には高い山がある。ジャガイモやパンの形の国が近くにある。南には氷山、北の端には火山島がある……想像力はどんどん広がって行きました。

クリ・ド・ランドの生活を楽しむ
今日の店・職業は王様、ラーメン屋、農家、占い師、研究所の所員、遊園地、情報庁長官。みんな設定も深まり衣装や小道具も充実してきました。次はいよいよ最終回です。

第31回 2月21日(木)
 参加者 12人

1.ウォームアップ
リーダーの合図で素早く行動する。
立つ・座る。輪になる。背の順に並ぶ。2人組・3人組などで集まる。

2.店・仕事の準備(工作
クリドランドでどんな店・仕事をしたいか考え、それに必要な道具や商品、衣装を作る。

3.クリ・ド・ランドの生活を楽しむ
作りかけではあるが、準備できたもので店や仕事をしてみる。
街の生活

<スタッフから>

先週参加した子どもたちはひき続き、来ていなかった子どもたちはどんな仕事をしたいか考え、製作を始めました。
研究所の白衣や遊園地の虹の旗など前回の活動で考えられた材料も用意したので、よりイメージが深まったようでした。段ボールや色画用紙からも大人が思いもしないようなものを数多く作りだして、その発想に感心させられました。
少しの時間でしたが、ドラマもしてみました。ラーメン屋、すし屋、占い師、研究所の所員、農家、情報庁長官、遊園地スタッフが居て、街の生活を楽しみました。
最後に虹のジェットコースターで締めました。
より具体的な役や動きが見えてきたようです。
第30回 2月16日(土)
 参加者 10人

1.タッチオニ

リーダーは「背中」「両肩」「かかと」などと人の体の部位を指定する。
みんなは、他の人の部位をなるべくたくさん触る。

2.最終活動の内容プレゼン

去年の最終活動のクリドランドを深めよう。

3.クリ・ド・ランドの生活を楽しむ
自分のやりたい職業を決め、バンダナ、机、イスなどで衣装、建物を作る。
店とお客さんのやり取りや日常生活を楽しむ。
クリドランド2


<スタッフから>
高学年の参加者たちとの話し合いで「ミッションクリアゲーム」と去年作り上げた「クリ・ド・ランド」を組み合わせて最終活動につなげていくこととし、低学年に「クリ・ド・ランド」を紹介して街の生活を楽しむことにしました。

王様、占い師、先生、農家、遊園地スタッフなどの旧知の職業の人に加え、新しい参加者はクリドランドで何をするかを考え、楽しみました。
発明好きな王様が農家のために作った正体不明の植物「ゼリー草」をめぐり、研究所のスタッフがそれを解明するというショートストーリーができあがりました。
ゼリー草
第29回 2月7日(木)
 参加者 8人

1.遠足へ行こう
部屋の両端を「山」「海」と決めておき、「♪遠足へ行こう!遠足へ行こう!遠足へ行こうよ〜 どこへ行く?どこへ行く?どこへ〜行く?」と歌いながら部屋中歩く。
歌の終わりにオニが「山!」と言ったら山へ逃げる。
オニはみんなが山へ着く前に捕まえる。
*バージョンアップ 残りの二つの壁を「川」「砂漠」にする。

2.ミステリーアニマル

ある動物の生態を物語風に語る。
どんな生き物か想像する。
その動物の写真を見せる。

3.神明社のミステリーアニマル
先週想像した不思議な生き物、「リスとモモンガに似たナマクシー」と「モグラのようなガスモ」の生態を語る。
どんな生き物か想像する。
先週描いた絵を見せる。

4.不思議な生き物を作る
グループに分かれ、ガスモとナマクシーを作る。
材料はペットボトルをベースに紙皿やセロハン、色紙など。

5.不思議な生き物を紹介
完成した生き物の特徴をみんなに紹介する。

<スタッフから>
先週の活動をふくらませて立体化しました。
不思議な生き物の絵を描いていたので、前回来ていない子もイメージの共有ができました。
素材の組み合わせや作る工夫など、感心するような発想がたくさん出てきて見ていて楽しい作業でした。

●ナマクシーグループ
前回来ていない1年生が2人いたこともあり、みんなで分担しあいながら大人1匹子ども3匹作りました。
体の一部を作ってもらったり、1体作ってそれをお手本に残り2体を作ってもらったり、うまく共同作業が進められました。
ナマクシー
大きい個体は1匹だけ。子どもの頃は胸に模様があるが大人になると消える。また顔つきも怖くなる。

●ガスモグループ
一人一匹づつ作りました。同じ生き物ですが、それぞれに特徴のある仲間がそろいました。
ガスモ
左から、走るのが早い 草にまぎれる 空を早く飛ぶ 保護色で見つからない 穴を掘るのが得意

第28回 2月2日(土)
 参加者 9名

1.不思議な生き物を探そう!
もし、神社に不思議な生き物がいるとしたら…
グループごとに神社へ行って、不思議な生き物がいそうなところを探そう。

2.不思議な生き物はどんなもの?
神社で探した不思議な生き物はどんなもの?
グループで絵や文字にして発表しよう
・どこにいた?
・形、色、大きさは?
・特長は?
・好きなもの、嫌いなものは?
・人間のことをどう思っている?
・名前は?

スタッフから
年齢別にグループを作り、神社へ出かけました。
普段は通りすぎてしまうところも、不思議な生き物のいそうなところを探すため、子どもたちはキョロキョロしながら色々なものに目を向けていました。
木の洞や皮、石の割れ目、石垣なども綿密に見て行きました。
いくつか案が出たところで、部屋へ戻り、発表へ向かい話し合いです。
目には見えない不思議な生き物を具体的にしていき、グループの中ではっきりした生き物になっていきました。
不思議な生き物
ガスモ(ガスモット)
神様の木の穴にに住む。速度が速い。こわがり。
好きなものはどんぐり、きらいなものはナメクジ。
人間は好きで頼りになると思っている。

ナマクシー
古い木の中に住み、大きさはたぬき性格はリス。モモンガのマントで空を飛ぶ。
きばやつめがするどいく、木の実や木の皮を食べる。
人に隠れて住み、ヘビやカラスが嫌い。

森神の末裔
大木の集まっている枝にいる
姿は人のようではあるが……


この生き物たちが、今後の活動でどうなるのかは…お楽しみです!
第27回 1月24日(木)
参加者 8人

1.バンダナで作る
乗り物、食べ物、手裏剣にピラミッド……

2.バンダナで変装

泥棒、キャビンアテンダント、鼠小僧の弟子、アイパッチをつけた悪者たち……

3.バンダナでしっぽ取り

変装したままでしっぽ取りのオニごっこ。
しっぽを取られたら壁際に行く。
追加ルールで、壁から離れずにしっぽが取れたら復活できる。

4.街の生活
街にはどんなものがあるか書き出してみる。
その町で何の仕事をするか考える。
イス、テーブル、バンダナ2枚でそれぞれ店を作る。
そこでおこる生活を楽しむ。
取材記者(リーダー)が街の様子をインタビューする。
バンダナ


<子どもの感想>
・もっとやりたい
・来週はこの続き!

<スタッフから>
街には図書館、警察署、すし屋、ペットショップ、軍事基地、映画館、花屋(泥棒の隠れ家)などができました。
郵便配達などが手紙を届け、店を閉めて寿司を食べに行ったり、花屋が怪しいといううわさ話が広がったりしていました。
今年はこのような活動に気持ちがヒットする子が多いようです。
それを踏まえて最終回に向けての活動を徐々に盛り上げていこうと考えています。
第26回 1月19日(土)
参加者 10人

1.とこてんぽーん
クリドラタウンオリジナルの陣取りオニごっこ
壁際に自分の陣地を決める。
オニはフィールドに出ている人を追いかける。
フィールドを逃げている人は素早く誰かの陣地に逃げ込む。
逃げ込まれた人はフィールドに押し出されオニに捕まらないように誰かの陣地に逃げ込む。
捕まったらオニになり捕まえたオニが逃げる。

2.トリック写真展覧会

近くの人と遠くの人を同時に画面に収めて『こびとを捕まえた巨人』などのあり得ない不思議な写真を紹介。
グループに分かれリーダーから撮影の「テーマ」をもらう。
インスタントカメラを持って公民館近辺に出て、不思議な写真を撮る。
よく取れた写真3〜4枚をホワイトボードに貼って、観賞。
タイトルを想像し合う。

『こんなところにのっちゃった』


『つかまえた』



『とびます』


『さかさま』



<スタッフから>
なかなかできなかった外での活動です。雪の残る寒い中でしたが今までにないない活動で子どもたちは工夫して撮影していました。
第25回 1月10日(木)
参加者 8人

1.今年のお正月は何をした?

  スキー、お年玉、かるた、百人一首、はねつきも!

2.ネズミとネコ!

  ネコチーム、ネズミチームに分かれオニごっこ
  ネネネ・・・ネズミ! ネネネ・・・ネコ!
  ネズミはネコを追いかけ、ネコはネズミを追いかける

3.こおりオニ!

  オニにタッチされると・・・ポーズをとって動けなくなる
  バナナになって、蛇になって、牛になって、猿になる?

4.ワンワードストーリー

  大みそかに・・・?何が起きたかな?
  全員で一言づつ順番に言ってお話にしていく

5.とっておきのお正月イベント企画
  もしも、あと1日冬休みがあったとしたら、何をする?


<子どもの感想>
・「お正月」のあそびができて楽しかった。
・イベントを考えるのが楽しかった。など

<スタッフから>
新年最初の活動は「お正月あそび」
参加者は全員が男子で、汗だくになって追いかけたり逃げ回ったり。
たちまち会場は、暖房いらずの盛り上がりようでした。

中半は、「大みそかに」で始まる全員リレーのストーリーづくり。
紅白歌合戦を見た後に、年越し蕎麦のわさびを食べたり、初詣に出かけたり。
にぎわうお寺の除夜の「鐘」が爆発し、
でも、すっかり元の鐘つきの「鐘」にもどり・・・めでたしめでたし。

後半は、もしも明日が一日限りのお正月だったら?
グループ毎に、「とっておきのお正月イベント企画」を考えました。
○何でもバイキング(1万円でおもちゃなどつめ放題)
○お正月遊び大会(コマ回し、カルタなど)
○ジャンプでボートキャッチ(湖にジャンプした人をリモコンボートでキャッチ)

正月イベント
スタッフと一緒になって考え、からだで静止画像や動画をつくり発表しました。

今日は、子どもたちの培ってきた「力」が見える場面にいくつも出会いました。
活動にスイッチが入ると、どんどん面白がって発展させていく子
まとまらないグループ活動で、調整役を身につけていた子
お話づくりを諦めずに考える子、そして、それを待てる子たち。

保護者の皆さまには、寒い中の送迎をおつかれさまです。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
第24回 12月20日(木)
 参加者11人

1.カレーの話

用意してある材料で何を作るか想像する。(最初はスパイスは隠してあります)
インドにカレー粉は無く、いろいろなスパイスを混ぜて作ること。カレー粉を作ったのはイギリス人だ。など……

2.スパイスチェック
カレーに使う20種類のスパイスをチェック。においをかいでみる
ターメリック、クミンパウダー、コリアンダー、カイエンペッパー、ブラックペッパー、ジンジャー、シナモン、クローブ、ナツメグ、オールスパイス、ガーリックグラニュウ、フエンネル、スターアニス、ディル、セイジ、タイム、ベイリーブス、フェネグリーク、チンピ

3.調理

★カレー粉&ラッシー班 ★カレーベース班 ★具材班 ★ナン班に分かれて調理。
カレー

4.食事・後片付け
完成したキーマカレーとラッシーを食べる

<スタッフから>
 20種類のスパイスを1つづつ確かめる体験はなかなかできないことだと思います。
子供たちに香りを嗅いでもらいましたが、「変なにおいがする」とか、刺激が強くてやせき込んだりして、それらを作っておいしい料理になるとは思えないようでした。フライパンで炒めると、スパイスを入れるたびに違った香りが沸き立ちました。
炒め上げるとおいしそうなカレーの香りになり、それを嗅ごうと子どもたちが集まってきました。

 玉ねぎもずっと炒めているうちに「何か違うものになってきた」「いいにおい」とおいしそうな変化を感じ取っていました。
大人と比べると道具や材料が大きく重くて大変だと思いますが、それでも集中してがんばっていました。みんな料理をするのがとても楽しいようです。

 カレーはおいしくできあがりました。昔インドにいたことがある子がいて、「その頃のことを思い出しちゃってびっくりした」という感想が出ました。スパイスの香りが記憶を呼び覚ましたようです。将来カレーの香りでこの活動を思い出してもらえるとうれしいですね。

■レシピ キーマカレー10人分 ラッシー15人分
★カレー粉
サラダ油 少々
スパイス 20種

1.スパイスを全部混ぜる。(子供用にはカイエンペッパー・ブラックペッパーは使わない)
フライパンを弱火にかけ、サラダ油大匙1/2とカレー粉を入れて弱火で5〜6分炒める。

★カレーベース
サラダ油 大匙6
玉ねぎ 5個
小麦粉 大匙8
固形スープ 6個
リンゴ 1個
トマトジュース 200ml

1.玉ねぎは薄切り(スライサー)、ニンニクはみじん切り、リンゴは皮をむきすりおろす。

2.厚手の平なべにサラダ油を熱し、玉ねぎとニンニクをアメ色になるまで炒める。
(強火で焦げ付く前に水を足しながら10分ぐらい)

3.小麦粉を加えて、よく火が通るように弱火で炒め混ぜる。
馴染んだらカレー粉を入れる。
お湯10カップに固形スープを溶かし、鍋に少しづつ入れてのばす。

4.すりおろしリンゴ、トマトジュースを入れて20分ぐらい煮込む。

★具材
サラダ油 大匙3
牛豚合挽き肉 800g
玉ねぎ 2個
ニンジン 1本
赤ワイン 小瓶1(200ml)
グリンピース(缶詰) 1〜2缶

1.玉ねぎ ニンジンはみじん切りにする。

2.フライパンにサラダ油、玉ねぎ、ニンジンを入れ、玉ねぎがすきとおるまで炒める。

3.ひき肉を加え炒める、半分ぐらい火が通ったところで赤ワインを加える。強火で10分ぐらい煮込む。

4.できあがっているカレーベースに半量づつ入れて5分煮込む。

5.グリンピースを混ぜる。

★ナン

強力粉 400g
薄力粉 200g
砂糖 大匙2
塩 小匙2
サラダ油 20ml
ドライイースト 小匙2
水 280ml

1.材料を混ぜ、良くこねる。
ラップをかけて室温にで2時間ぐらい発酵させる。

2.手かめん棒で押さえて丸くうすくのばす。

3.弱火で熱したフライパン(テフロン加工)でじっくり両面を焼く。

★ラッシー
ヨーグルト 2L
牛乳 1L
水 500ml
砂糖 大匙15
レモン汁 小匙10

1.ヨーグルトと砂糖、レモン汁をボウルにいれて、ミキサーで混ぜる。

2.牛乳を入れてさらに混ぜる。

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.