所沢クリドラタウン 活動報告

 独立行政法人 国立青少年教育振興機構 令和元年度子どもゆめ基金助成活動〈楽しさ発見! みんなあつまれ クリドラタウン〉
 
アーカイブ
モバイル
qrcode
 
第33回 2月13(土)
参加者 15人

1.クルミ
クルミを触ってみる。音を出してみる。割って中を見る。

2.突然オニごっこ
大人・子どもグループに分かれる。大人グループはクルミを1個隠し持ち、歩きながら交換していく。「オニグルミ!」の掛け声をかけたときクルミを持っていた大人は突然オニになり「ウォー」と叫びながら子どもたちを捕まえに行く(5秒間)。捕まった子どもはその場で座る。

3.対戦式、突然オニごっこ
2グループに別れ片方のグループはバンダナをつける。グループで1つずつクルミを隠し持ち、歩きながら交換していく。
「オニグルミ!」の掛け声でオニになった人は5秒間相手グループの人を捕まえる。
たくさん捕まえたグループの方が勝ち

4.レストランクリドラ スペシャルメニュー
みんなの好きな料理を聞く。
それにはどんな具材が入っているか細かく思いだす。

レストランクリドラで出すおいしいメニューを考える。
それは、自分の一番好きでおいしいと思っている料理。
あるいはそれをアレンジしてさらにおいしい料理にしたものにする。

紙皿や椀、コップなどに色紙、セロハンなどの材料を使って制作する。

最後にクロスを引いたテーブルに並べて料理を紹介しあう。
料理の工作

子どもの感想
「楽しかった!!!」

スタッフから
後半、高学年は最終活動の会議のため別室に移動。スペシャルメニューは低学年のみでの活動になりました。

突然オニごっこ
いつ誰がオニになるのかわからないのでみんなドキドキしながらやっていたようでした。
「やだよぅ」「怖いよ」という声もありましたが、それでゲームを抜けるわけではなくハラハラ感を楽しめたと思います。

レストランクリドラ スペシャルメニュー
みんなこだわりと斬新な発想でおいしそうなメニューが出来上がりました。
一様に楽しかったという感想が出ましたが、みんなキラキラした顔で答えてくれ、いつも以上に楽しかったようでした。
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
 

(C) 2020 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.