所沢クリドラタウン 活動報告

 独立行政法人 国立青少年教育振興機構 令和元年度子どもゆめ基金助成活動〈楽しさ発見! みんなあつまれ クリドラタウン〉
 
アーカイブ
モバイル
qrcode
 
第8回 7月15日(土)

参加者 20人
 
1.リズム
講師の手拍子をまねる。
速さや強弱。
手拍子のリズムに合わせていろいろな歩き方をする。

 

2.手つなぎ誘導
・2人組になり、両手をつなぎ輪を作る。
・そのまま手をはなさずに動き回ってみる。
・しゃべらずにする。
・片方が目を閉じもう片方が誘導しながら動き回る。
・移動中に組を取りかえる。
・追加で、目を開けたらもう片方が目を閉じる(誘導する人が入れ替わる)ことも組入れて動き回る。

 

3.じゃんけんオニごっこ
じゃんけんをして、グーの人はチョキの人を追いかけ、チョキの人はパーの人を追いかけ、パーの人はグーの人を追いかける。
タッチされたら座る。
後半は、同じ拳の人にタッチしてもらったら復活あり。

 

4.音を聞く
全員横になって目を閉じる。
リーダーが何かを連続して叩く。叩いた回数を手を上げ指であらわす。

 

5.音から想像1
リーダーがものを使って音を出す。それが何に聞こえるか想像する。
○ビニール袋をガサガサ:●花火。●雷。●旗がはためく。●雨。●探し物をしている。
カサをバサバサ:雷。●ネコがソファをひっかく。●洗濯機の音。●カラスの羽音。
○ペットボトルを叩く・つぶす・ホワイトボードをペンで擦る:●急カーブ。●イルカの声。●コップを洗う。●ハムスターの回し車。●お囃子。

 

6.音から想像2
いくつかの音からストーリを想像する。何人かであつまってその想像をシェアする。
○ブラインドをはじく・コップを叩く・ペットボトルを吹く・カギをガチャガチャ・ブラインドを閉じる:
●嵐の中、船のレストランで食事中の船が出発。
●風鈴をもちながら自転車に乗ってベルを鳴らす。
●大きな客船の中、泥棒が部屋を開けようとカギをガチャガチャするが開かないので火をつける。警報が鳴りみんなはボートでスペインに逃げる。

 

7.音から作るストーリー
2〜3人組みになる。
1人づつ部屋の中から音を探し、それを組み合わせてお話しを作る。
お話ができた組は音を出して、ストーリーを紹介する。
●競馬。ピストルが鳴ってスタート。馬たちがかけていく。
●電車の中でお菓子の袋を開ける。トイレにいってドアを開ける。
●雨の中、カギをかけて家の中に入る。
●お話にはなりませんでしたが、「鉄琴」「せんめんき」「血液が流れる音」などユニークな想像も生まれてきました。

 

<子ども達の感想>
・目を閉じるのがこわかった
・音がたくさん聞こえてきて楽しかったです
・そうぞう力をはたらかせるのがたのしかった。

 

<スタッフから>
アートインライフから叶雄大さん・高橋諒多さんをおよびしました。
2人組・3人組になって動いたり考えたりする活動を進めました。子どもたちが集中したり、自由に想像したりすることがより深くできるようになって来たと感じられる回でした。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.credra.org/trackback/1057760
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.