所沢クリドラタウン 活動報告

 独立行政法人 国立青少年教育振興機構 令和元年度子どもゆめ基金助成活動〈楽しさ発見! みんなあつまれ クリドラタウン〉
 
アーカイブ
モバイル
qrcode
 
第14回 10月19日(木)

参加者20人

 

 1.世界の塔
いろいろな塔を写真で紹介。
また、塔には役割がある。
(電波を送る。時間を知らせる。船や飛行機に合図。火事の見張り。シンボルとしての高い塔)

 

2.光の塔を作る
LEDライトと透明プラコップを配布する。
部屋を暗くして、光を当てた時の感じや、壁に映る影の様子などを観察。
どんな塔を作るのか想像する。
また、ライトを中に仕込むか、外から照らすかも考える。
透明の素材や、プチプチ、色セロハンなども加えて塔を作る。
定期的に部屋を暗くして光の通り具合などを確認しながら作っていく。

光の塔

 

3.光の塔の紹介
完成したらライトをつけて部屋を暗くし光の塔たちを鑑賞。
1人づつ、塔の名前や、特徴を紹介していく。

 

<子どもたちの感想>
・たのしかった
・自分でも満足できる塔ができて良かった
・イルミネーションみたいできれいだった
・工作は得意じゃないけど楽しくて最後はきれいだった

 

<スタッフから>
子どもたちが考えた塔は、「塔からでる青い光を浴びると眠くなる塔」「壁にきれいな影を落とす“空飛ぶタワー”」「ステンドグラスの様な模様がある塔」「遠くまで光が届く“望遠塔”」「時計台のある“夜の塔”」「水が流れている青色の塔」「懐中電塔」「ZEK(人工衛星管理)塔」「ほぼ透明な“アンテナ塔”」「生命を表している“三角塔”」etc.
暗闇に浮かびあがる様々な光の塔たち。天井や壁に映った影も美しく、幻想的な空間ができました。
※不手際で作業中の一部しか写真が撮れていませんでした。完成した光の塔をご紹介できずすみません。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.credra.org/trackback/1057766
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.