所沢クリドラタウン 活動報告

 独立行政法人 国立青少年教育振興機構 平成30年度子どもゆめ基金助成活動〈楽しさ発見! みんなあつまれ クリドラタウン〉
 
アーカイブ
モバイル
qrcode
 
第20回 12月7日(木)

参加者 25人

 

ピザ作り
地粉・天然酵母を使い、生地を粉から作り、粉の状態の変化を体験する。

                            

1.班分け
子ども達で自主的に、男女混合・学年ばらばらになるよう話し合いで決める。

                            

2.生地延ばし・トッピング
事前にこねて発酵させておいた生地を班ごとに配布し、それぞれ丸く延ばす。
とろけるチーズの他、ツナ缶、コーン、ベーコン、ピーマン、海苔、切り餅などを用意。調味料にはピザソース、ケッチャップ、みそ、しょうゆ などを用意し、各班ごとにオリジナルの配合でトッピング。

 

3.焼く
200℃で余熱したオーブンで、15〜20分焼く。

 

4.生地を作る
焼いている間に、粉類を計り、まぜる。
水を少しづつ入れながらこねていく。
こね終わったら人数分に小分けしてビニール袋に入れる。
(持ち帰って冷凍、もしくは焼いてみる)  

 

5.食べる
焼き上がったピザを食べる。

 

6.あとかたづけ

ピザ

※クリックして拡大します。
    

<子ども達の感想>
・おいしかった。/たのしかった。(多数)
・和風・洋風を作っておいしかった。
・ピザの生地がサクサクだった。
・ピザの上のほうがクッキーみたいでおいしかった。
・チームワークが良かったです。
・初めてピザを作ってみたけどすごくおいしかった。でもやわらかくて気持ちよかったので、またお家で作りたいです。
 
<スタッフから>
人気の調理活動。今回はピザを作りました。
〇班分け
ふだんあまり組まないメンバーと行なえるように、自主的に班分け。時間がかかりましたが、なかなかうまくできました。
また、お手伝いいただく保護者の方も我が子のいない班について、適当な距離で手を出さず見守る形で良く見ていただけました。ご協力ありがとうございました。
〇生地を作る
時間的な制約で食べるピザを焼き始めてから、持ち帰るピザ生地を作るという手順になりました。
ぬるま湯を混ぜ、こねていくうちに手触りが変化していく過程をみんなが体験できたとおもいます。

作った生地は持ち帰ってもらいました。
後日「家で作っておいしく食べた」、「家でも粉から作ってみた」、「ビニール袋に入れたピザ種を触るのが気持ちよくて、ムニュムニュしながら帰った」などの感想ももらいました。

 

作り方    
★基本になる分量        (2人分)    
中力粉(地粉)    150g
砂糖 小さじ1
塩 小さじ3分の1    
オリーブオイル 小さじ2    
天然酵母 3g 小さじ1(粉の2%)    
ぬるま湯 80cc
        
1.酵母に分量のぬるま湯(80ccの中から)大さじ1ハイくらい入れて5分おく。 ゆっくりとかし、混ぜる。            
2.ボールに粉、砂糖、塩を入れ、手でかき混ぜる。            
3.2に、オリーブオイル、酵母を入れ、手でかきまぜる。            
4.粉っぽさがなくなったら、丸めてラップをかけて、お風呂の温度で、倍くらいにふくらむまで30分ほど寝かせる。            
5.クッキングシートに移し、麺棒または手でうすくのばす。            
6.好みのソース、具材をトッピングし、あらかじめ余熱したオーブンで15〜20分焼く。  
    

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.credra.org/trackback/1057773
 

(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.