所沢クリドラタウン 活動報告

 独立行政法人 国立青少年教育振興機構 令和元年度子どもゆめ基金助成活動〈楽しさ発見! みんなあつまれ クリドラタウン〉
 
アーカイブ
モバイル
qrcode
 
第1回 5月30日(木)

 参加者 25人

 

1.ちょっとばあさん
わらべうたを歌い、指の形を変えながらするジャンケン。

 

2.ストップ&ゴー
リーダーの合図に合わせて、部屋の中を歩く・止まる。
普通に歩く、空間があかないように歩く、大またで(巨人のように)歩くなど

 

3.からだでつくる形
・○△(1人で、2〜3人組で)
・ここまで来る途中に、街の中で何を見た? その街の中で見たものを身体で表現する
(踏切、砂、バス、ドーナッツ、ダンゴムシ、木、パソコン、緑の看板、カエル、10円玉にかいてある鳥、cmなど)

 

4.クリドラタウンの極秘マップ
・4人グループに分かれ、クリドラタウンという、とても不思議で楽しい町にある“極秘”のものを考える。
考えたものを身体で表現する。


<子どもの感想>
・たのしいから、つぎもいく。
・じゃんけんあそび、たのしかった。
・おともだちとおはなしをつくるのがたのしかった。
・たのしかったかくりつはないかもしれないけど、100%ある。
・ずっとばくしょう。
・ひょうげん力、想ぞう力が身についたかな。


<スタッフから>
新年度がスタートしました。今年はリピータと新規参加の数がほぼ半々で、2年生の数が特に多いメンバー構成です。
講師はあいさん。楽しいジャンケンあそびに始まり、身体をうごかしながら終始和やかな雰囲気の中で活動することができました。新規参加の1・2年生からも初回から活発な意見が多数飛び出してきた上、リピーターの子どもたちの成長も感じられる場面もありました。中学1年生となったジュニアスタッフも1名駆けつけてくれ、後半のグループ創作では、主に高学年の子どもたちのサポートをしてくれ、頼もしい姿を見せてくれていました。

 

○クリドラタウンの極秘マップ

・3年生以上グループ:こわいコンビニエンスストア
 便利な時計を売っている。1円。9時になったら(殴って)寝かせてくれる時計。

・1-2年生グループ:不思議な家
 不思議な家には100個のカギ。開けて入ると、中には不思議な黒板。かいた物が本物にる。

 マリオのゲームの絵をかいたら、マリオたちが飛び出してきたが、不思議な掃除機に見つかって吸い込まれてしまう。

・1-2年生グループ:願いごとがかなうかもしれない森
 罰金の木、桜、岩などの中から、1本だけある願いがかなう木をさがし、ラーメンをお願いする。

 

・1-2先生グループ:不思議なドア
 不思議なドアの中に不思議なトラがいる。不思議なボタンを押すと宇宙人がいた。

・3年生以上グループ:すごい卵を作っている養鶏場

・3年生以上グループ:金のおの、銀のおの、銅のおの

 

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog.credra.org/trackback/1057816
 

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.